ユジク阿佐ヶ谷

MENU

TODAY4[木]

【6月4日 本日サービスデー】

毎月1日・木曜 / サービスデー

開館時間 / 9:40~(変動あり)

上映作品詳細

上映作品詳細

ユジク阿佐ヶ谷 > 上映中 > 【仮設の映画館】だってしょうがないじゃない

【仮設の映画館】だってしょうがないじゃない

上映日時

5/2(土)〜"仮設の映画館"にて公開

2020年5月2日(土)10:00〜6月7日(日)24:00まで
(延長の可能性あり)

Ticket

一律1,800円

公式サイト

【仮設の映画館@ユジク阿佐ヶ谷】オープン!

ユジク阿佐ヶ谷は現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の為休館中ですが、この度、上映作品をオンラインにてご鑑賞いただける【仮設の映画館@ユジク阿佐ヶ谷】を開設することとなりました。ぜひ劇場に来ていただいたことを思い出しながら、お家で映画をお楽しみください。

《仮設の映画館とは》
新型コロナウイルスの影響で停滞している「映画の経済」を全国の劇場、配給会社、製作者、そして映画ファンのみなさんととともに回復させるため、通常の劇場公開と並行して新作映画のデジタル配信を行う試み。観客はインターネット上で、どの映画館で映画を鑑賞するかを選択。鑑賞料金は、選ばれた映画館に分配される仕組みです。

《ユジク阿佐ヶ谷公開作品・第一弾》『だってしょうがないじゃない』

【仮設の映画館@ユジク阿佐ヶ谷】で作品をご鑑賞いただくには
▼こちらのサイトへ▼
https://vimeo.com/ondemand/datteyujiku

※配信期間:2020年5月2日(土)10:00-2020年6月7日(日)24:00まで(延長中)
※動画共有サイトVimeoのアカウント登録が必要です。
※視聴方法などはこちらをご確認ください。

『だってしょうがないじゃない』
障害を抱える当事者同士の凸凹ドキュメンタリー

 <あらすじ>
『シェル・コレクター』などで知られる坪田義史監督によるドキュメンタリー。“ADHD“と診断された監督が、叔父で発達障がいを抱える“まことさん“と出会い、交流する姿を映し出していく。また、その交流を通して「親亡き後の障害者の自立の困難さ」や「障害者の自己決定や意思決定の尊重」「8050問題にともなう住居課題」などの問題に直面していく。

<監督の言葉>
まことさんと出会ってから約三年の月日があっという間に過ぎました。 こだわりが強く偏った僕の視線は、まことさんのどこまでも純粋な感性に触れ、フレームに収まりきらないありのままの姿に惹かれました。 まことさんを撮りたい。 当時、鬱や不眠に悩み、精神科を受診して注意欠如多動性障害と診断を受け、破れかぶれの状態で撮影に及ぶ僕を、まことさんは「義史さん」と呼び、穏やかな表情で受け入れてくれました。 取材を終えた別れ際の玄関先では、必ず「またね」と言って自ら手を差し出して握手をしてくれるまことさん。 本作「だってしょうがないじゃない」は、被写体のまことさんの協力なしでは、成立しえなかった作品です。僕は、これからも、まことさんに会いに行きます。

監督:坪田義史/出演:大原信、坪田義史、木村真智子、木村義則/2019年/日本/119分/DCP/カラー/日本語字幕付き

© 2019 Sundy inc.

INFORMATION

  • すべて
  • 上映決定
  • EVENT
  • お知らせ