ユジク阿佐ヶ谷

MENU

TODAY8[日]

毎月1日・木曜 / サービスデー

開館時間 / 9:40~(変動あり)

上映作品詳細

上映作品詳細

ユジク阿佐ヶ谷 > 近日上映予定 > ホフマニアダ ホフマンの物語【アンコール上映】

ホフマニアダ ホフマンの物語【アンコール上映】

GOODS

上映日時

12/27(金)・1/3(金)・1/6(月)

12/27(金) 15:30-

1/3(金) 13:40-

1/6(月) 16:40-

Ticket

一般1,500円 学生1,300円 シニア1,100円 会員1,000円

★毎月1日・毎週木曜サービスデーは1,000円

オンライン予約

公式サイト

ようこそ!めくるめく幻想の世界 ホフマンの物語へ

 『チェブラーシカ』制作スタジオから “知的で美的な贈り物”

『チェブラーシカ』(ロマン・カチャーノフ監督)、『霧につつまれたハリネズミ』(ユーリー・ノルシュテイン監督)の制作スタジオとして著名なモスクワのソユーズムリトスタジオが15年の歳月をかけて紡ぎあげた異色ファンタジー『ホフマニアダ ホフマンの物語』、アンコール上映。

主人公はドイツ幻想文学の巨匠E.T.A. ホフマン。『くるみ割り人形とネズミの王様』『黄金の壺』『砂男』といった代表作の登場人物達とともに、現実世界と空想世界(アトランティス)を彷徨い続けるという、ホフマン文学の世界観に溢れた作品である。

 これは、狂気か!芸術か!?

『ホフマニアダ ホフマンの物語』は一コマずつ撮影を重ねるストップモーションで制作された長編アニメーションで、パペットの衣装をはじめ、目や唇の動きまで意識した細部へのこだわりは狂気的ですらあります。クライマックスのシーンでは、総勢50体にのぼる人形たちが共演しており、その数はロシア・パペットアニメーション界の記録になっている。

監督:スタニフラフ・ソコロフ/脚本:ヴィクトル・スラフキン、スタニスラフ・ソコロフ/キャラクター・デザイン:ミハイル・シュミアキン/制作:ソユーズムリトフィルム・アニメーションスタジオ(ロシア)/2018年/72分/ロシア/DCP/カラー

©Soyuzmultfilm

GOODS

パンフレット 250円(税込)
クリアファイル 200円(税込)

INFORMATION

  • すべて
  • 上映決定
  • EVENT
  • お知らせ