ユジク阿佐ヶ谷

MENU

TODAY8[水]

毎月1日・木曜 / サービスデー

開館時間/初回開演時間の30分前〜( 変動あり)

上映作品詳細

上映作品詳細

ユジク阿佐ヶ谷 > 台湾、街かどの人形劇

台湾、街かどの人形劇

GOODS

上映日時

4/4(土)※休館に伴い、上映を中止となりました。

4/4(土) 休館に伴い、上映中止となりました。※詳細はこちら

お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

Ticket

一般1,800円 学生1,300円 シニア1,100円 会員1,000円

※特別興行の為、ご招待券はご利用不可となります。

【チケット販売】

販売中止とさせていただきます。

 

 

 

公式サイト

父から受け継いだ小箱の中には戯劇の神さまがいる。

侯孝賢監督映画の常連俳優で布袋戯の巨匠・李天禄の息子・陳錫煌を追ったドキュメンタリー。

台湾の人間国宝で布袋戯の人形遣い・陳錫煌 は、80歳を超えたいまも世界各国で公演し、多くの人々を魅了している。 墨を摺る指先、キセルを燻らす恍惚とした人形の表情、ダイナミックで軽やかな大立ち回り、繊細で力強い生命力にあふれた人形たちが、陳錫煌の指先から生み出されていく。 70年代以降、現代風にアレンジされた布袋戯がテレビで人気を博す一方で、伝統的な布袋戯の観客は減少していった。 台湾の伝統芸能を継承する為に奔走する陳錫煌の元には、フランス人のルーシーをはじめ多くの弟子が集まっているが、薄れゆく伝承への焦りは日々募る一方だ。 いまも毎朝、父から受け継いだ小さい赤い小箱に話しかける。侯孝賢監督映画の常連俳優で、人間国宝であった偉大なる父・李天禄の背中を追いかけ続けてきた。赤い小箱の中の戯 劇の神“田都元帥”。それは父との対話であり、自身の芸との対峙でもあるのだ。陳錫煌の10年に寄り添った記録には、私たちがまだ知らない美しく生命力に溢れた台湾があった。

監督:楊力州(ヤン・リージョウ)/監修:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)/出演:陳錫煌(チェン・シーホァン)、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)/2018年/台湾/99分/DCP/カラー

©Backstage Studio Co., Ltd. 2018

EVENT

4/4(土)12:00~の回上映後、トークイベント開催 ★布袋戯実演あり ※こちらの上映は中止となりました。(下記ご確認ください。)

登壇者:チャンチンホイさん/布袋戲人形劇團 著微(チョビ) 聞き手:稲見公仁子さん(台湾映画研究家)
※3/18(水)より整理番号付きチケットを受付窓口(9:40〜)とオンライン予約(10:00〜)にて販売。
※イベント上映回でのご招待券はご利用不可とさせていただきます。

【4/4(土)イベント中止のお知らせ】4/4(土)『台湾、街角の人形劇』上映後にトークイベント(布袋戯実演あり)を開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、イベントのみ中止とさせていただきます。本編の上映は予定通り行いますが、ご希望の方には払い戻しの対応をさせていただきます。詳細はこちらをご確認ください。
→休館に伴い、上映を中止とさせていただきます。誠に勝手ながら、随時チケットの払い戻しをさせていただきます。

楽しみにしてくださった皆様には急なご案内となり、申し訳ございません。今後、また機会を改めて開催を検討していきたいと思います。

GOODS

パンフレット
800円(税込)

INFORMATION

  • すべて
  • 上映決定
  • EVENT
  • お知らせ