ユジク阿佐ヶ谷

MENU

TODAY2[木]

【4月2日 本日サービスデー】

毎月1日・木曜 / サービスデー

開館時間 / 9:40~(変動あり)

上映作品詳細

上映作品詳細

ユジク阿佐ヶ谷 > これまでの上映作品 > 少女は夜明けに夢をみる

少女は夜明けに夢をみる

GOODS

上映日時

3/7(土)〜13(金)

3/7(土)・3/9(月)〜13(金) 10:20-

3/8(日) 10:10-

Ticket

一般1,600円 学生1,300円 シニア1,100円 会員1,000円

★毎月1日・毎週木曜サービスデーは1,000円

【チケット販売】

2/29(土)〜3/6(金)のチケット→2/26(水)より販売開始

※上記の販売開始日は、劇場窓口9:40〜、オンライン予約10:00〜受付致します。

オンライン予約

公式サイト

イランの少女更生施設―残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー

この過酷な現実にどう向き合うのか――。少女たちの心の叫びに、いま世界は涙する。

わたしの罪状? 生まれてきたこと。

わたしの夢? 死ぬこと。

高い塀に囲まれたイランの少女更生施設。無邪気に雪合戦に興じる、あどけない少女たちの表情を見ていると、ここが厳重な管理下におかれた更生施設であることを忘れてしまいそうになる。

ここには強盗、殺人、薬物、売春といった罪で捕らえられた少女たちが収容されている。社会と断絶された空間で、瑞々しく無邪気な表情をみせる少女たち。貧困や虐待といった過酷な境遇を生き抜いた仲間として、少女たちの間に流れる空気は優しく、あたたかい。しかし、ふとした瞬間に少女たちの瞳から涙が溢れ出す。自分の犯した罪と、それに至った自分の人生の哀しみを思う時に。

家族に裏切られ、社会に絶望してもなお、家族の愛を求め、社会で生きていかざるを得ない少女たち。レバノンのスラム街の少年を描いて話題となった『存在のない子供たち』(08)同様、「見えない存在(インビジブルピープル)」として、疎外されてきた彼女たちの心の嗚咽が問いかける。少女たちの罪の深さと、人間の罪深さとを――。
 

この施設には“痛み”が充満し、壁から溢れ出ている―――

そう、わたしたちは愛情を知らず、ゴミの中で生きている。

撮影許可に7年もの歳月をかけ、少女たちの抑圧された物語に光をあてたのは、イランを代表するドキュメンタリー作家のメヘルダード・オスコウイ。少女たちとの強固な信頼関係と親密な時間から生まれた崇高なドキュメンタリー。

心身ともに深く傷ついた彼女たちにとっては、義父や叔父による性的虐待にさいなまれ、あるいはクスリよって崩壊した家庭は、もはや安息の場所ではありえない。ストリートにも家にも自らの居場所がない彼女たちにとってこの施設は、皮肉にも、“痛み”という共通の体験によって深く結ばれた一種の運命共同体、最後の魂のアジール(避難所)に他ならない。

その<避難所>でキャメラは、一人一人の少女たちの繊細な内面に深く分け入り、本源的な“痛み”そのものを深い共感をこめて描き出す。わたしたち見る者を、彼女たちの人生に寄り添わすかのように――。

監督:メヘルダード・オスコウイ/製作:オスコウイ・フィルム・プロダクション/2016年/イラン/76分/DCP/カラー

©Oskouei Fulm Production

GOODS

パンフレット
800円(税込)

INFORMATION

  • すべて
  • 上映決定
  • EVENT
  • お知らせ